ゆとり、会社やめるってよ

アメシン。一部上場企業を退職した20代ゆとり。仕事関係、お笑い、書評、スポーツ情報など、綴ります。

「今日はヒトデ祭りだぞ!」の失恋記事のスターの数がハンパない件

こんばんわ、どうも僕です。

www.hitode-festival.com

先日、はてなブログで人気の「今日はヒトデ祭りだぞ!」のヒトデさんが、失恋した内容の記事を公開されていた。新参者の僕が言うまでもないが、「今日はヒトデ祭りだぞ!」は、いわゆる雑記ブログにも関わらず、月間平均50万~60万PVを叩き出す「カリスマブログ」である。

 

僕は平成2年生まれのピチピチの25歳だが、ヒトデさんはおそらく同年代じゃなかろうか。記事のセンスがよく、テンポの良い文体で読ませてくれる為、これだけの人気になるのも納得だ。油汚れよりも頑固な汚れの僕も、ヒトデさんの事は尊敬しており、勝手ながら参考にさせて頂いている。

 

ただ、スターの数をご覧頂いただろうか。まさかの5800オーバーである。失恋した内容の記事を書いて、5800以上のスターを獲得するとは….。僕はあまりの衝撃で、幼稚園以来に、う〇こを漏らしそうになった。

 

炎上したり、バズったりせずに、これだけの支持を集めるのは、もはや芸能人の域に達している気がする。芸能人が、Twitterで「おはよー!今日も頑張るよ!」とか呟くだけで、いとも簡単に、2000リツイートとか叩き出しているのは、よくある現象だが、それに近い。多分、ヒトデさんは、中途半端な立ち位置の自称読者モデルとかよりも、影響力がある気がする。

 

というか、僕が言いたいのは、単純にあれなんですよ。

 

f:id:ameshin:20160204215944j:plain

羨ましいぃぃいいいいいぃいいいいい!!!!うわあああぁあああああ!!!!!!!ンァッ!!ハッハー!!!!!!!この日本ンフンフンッハアアアァン!! アゥッオゥウアアアーゥアン!! コノヒホンァゥァゥ……アー!! 世の中を……ウッ……ガエダイ!!

 

思わず、野々村竜太郎ばりに、むせび泣きたいレベル。これは勿論、ヒトデさんが会社勤めをしながらも、ほぼ毎日ブログを書き続けたからこその恩恵だとは思うが、それにしても、さすがにスター5800オーバーの人望は半端ではない。ヒトデさんの失恋した記事に比べたら、僕の記事なんて、ほぼ便所の落書きみたいなものである。

 

僕のブログもようやく40記事を超えて、1日のPVが150前後に落ち着いてきているが、有名ブロガーの方と比較すると、まだまだである。読んで頂けている方がいるだけ嬉しいのだが、こうも歴然とした差を見せ付けられると、僕の豆腐メンタルでは心が折れそうになるのである。

 

f:id:ameshin:20160422124730p:plain

ドラゴンボールで、初めてフリーザを見た悟空達の気持ちが分かった。僕の戦闘力とか、多分16ぐらい。スカウターで測るまでもない。ヤムチャよりも先に、無様にくたばる自信がある。

 

ameshin.hatenablog.com

僕の1番スターを頂いたのは、この記事だが、圧倒的な戦力差である。「18vs5800」とか、まるで話にならない。読者数に関しても、ヒトデさんはまさかの1700超えという、女子サッカーでいうと、澤穂希ばりのレジェンドなのである。同じく参考にさせて頂いている「ぐるりみち」のけいろーさんのブログは、もっと凄くて、読者数が2000目前。200ではなく、2000である。

 

f:id:ameshin:20160204215944j:plain

羨ましいぃぃいいいいいぃいいいいい!!!!うわあああぁあああああ!!!!!!!ンァッ!!ハッハー!!!!!!!この日本ンフンフンッハアアアァン!! アゥッオゥウアアアーゥアン!! コノヒホンァゥァゥ……アー!! 世の中を……ウッ……ガエダイ!!

 

とまあ、野々村竜太郎ばりにむせび泣くのがクセになっているのだが、とにかくお二人のブログの存在感は凄いなって話。やっぱり、更新の頻度と、需要のある記事が書けるかは、ブログ運営には必須のスキルになるなぁと、改めて思った。芸能人でもなく、顔を晒している訳でもない、一般のブロガーがアクセス数と購読者を増やすには、それなりの能力が必要になる。大学時代に「三流ホスト」と揶揄された事のある僕のキモい顔面を晒したところで、需要は皆無なので、あとは、文書力でカバーしていくしかない。

 

まとめ

とにかくブログの更新を頑張ろう。どんな売れっ子にも不遇の時代があるように、僕も今が正念場だと思うようにする。というか、現在の僕は、「自宅警備員」という、世間的にはヒエラルキーのどん底にいる下等生物であり、暇を持て余しているクズなのである。ブログに時間を割く余裕はたっぷりある。勿論、ブログが全てではないので、あくまで通過点として、今後も頑張っていこうと思う。


ちなみに、僕も現在、今後の事で、少し彼女とギクシャクしているのだが、万が一、別れる事になって、失恋記事を書こうものなら、多分スターはせいぜい3つぐらいだろう。影響力はほぼゼロである。とりあえず、恋愛の方も頑張ろうと思った。終わり。

 

広告を非表示にする