ゆとり、会社やめるってよ

アメシン。一部上場企業を退職した20代ゆとり。仕事関係、お笑い、書評、スポーツ情報など、綴ります。

【猫カフェ】心斎橋にある猫ビル「ネコリパブリック」の出来た理由が、深イイ話だった件

こんばんわ、どうも僕です。

昨日の夕方、暇を持て余していた僕は、珍しく報道番組を見ていた。休日のおっさんおポーズで、ダラダラ見ていたのだが、「”猫を救いたい”心斎橋にネコビル誕生」という特集が始まった時、僕は思いっきり画面に引き込まれた。

 

皆さんご存知の通り、僕は大の猫好きである。もはや生まれ変わるなら、猫になるのが夢というぐらいだ。もっと言うと、猫好きの可愛い女性タレントの家で飼われて、おっぱいの間に挟まる事が夢の僕である。大丈夫。僕はいたって正常である。

 

とどのつまり、僕は変態なのだが、今回の夕方の報道番組で放送された「ネコビル誕生」という特集が、深イイ話だったんですよ。これは、「要チェックや!」とスラムダンクの彦一ばりに、画面にかじりついて見てたんですが、このブログでも紹介させて頂きたいと思う。

 

ネコノミクス

 f:id:ameshin:20160526214713j:plain

今は、空前のネコちゃんブームらしい。この特集の冒頭で、そんな事を言っていた。どうやら、この猫ブームの経済効果を「アベノミクス」にかけて、「ネコノミクス」と呼ばれているらしい。去年ぐらいからこの言葉が流布されるようになったが、僕は全く聞いた事がなかった。ちんぷんかんぷんである。猫好きのくせに、社会人のくせに、全くの初耳だったのである。

 

なんと、猫ブームの経済効果は、年間2兆円とも言われているらしい。
さすが猫。凄すぎわろた状態である。確かに、猫カフェなども近年は、数を増やしているし、猫のおちゃめな動画はテレビなどでもよく見る。時代は猫なのである。

 

心斎橋の猫ビル「ネコリパブリック」

 

www.neco-republic.jp

 

今年の5月22日に、大阪の心斎橋に「ネコリパブリック」がリニューアルオープンした。まず、「ネコリパブリック」って何?て話だが、いわゆる「猫カフェ」だと思って頂いて大丈夫。

 

ただ、普通のお店と少し違うのが、「ネコリパブリック」は、猫の保護にめちゃくちゃ力を入れているお店という事である。「自走型保護猫カフェ」と呼ばれているようで、地域の保護団体と協力して、保護された猫の里親探しもしつつ、猫カフェなどのサービスも提供するという、一石二鳥のお店なのである。

 

ネコリパブリックはもともと、大阪の南天満のビルの一室から始まったとの事。その部屋に住んでいた飼い主の方が急に亡くなり、その部屋に猫たちが残されていたらしい。

 

その数なんと57匹。
行き場をなくした猫たちを救う為に、新しい家族に出会える場所を作ろうと、その亡くなった飼い主の知り合いの方々が協力し、改装してお店にしたそうである。

 

ブラボーである。ハラショーである。
徳光和夫ならこの時点で、おいおい号泣しているだろう。

 

ただ、あっさりと、「改装してお店にした」と書いたが、それに至るまでには、苦労が絶えなかったと思う。まず、資金はどないしたんやって話やけど、「ネコリパブリック」の代表である河瀬さんによると、今流行りのクラウドファンディングで、集めたそうだ。

 

「こういうアイデアがあるから、誰かお金ちょうだいーーー!!!」
ってのが、簡単にいうと、クラウドファンディングである。要するに、俺に投資しろ・・・っ!って話な訳ですね。なんて素晴らしいシステム。

 

f:id:ameshin:20160526213034j:plain

f:id:ameshin:20160526213053j:plain

 

これで、猫ビル作りたいーー!って事を宣伝したら、1800万円も集まったようで、「ネコリパブリック」という念願のお店を開業する事が出来たそうである。投資した方々、それを実現させた「ネコリパブリック」のスタッフの方々といい、大勢の善意の気持ちのおかげで、成り立ったのである。凄いよね。うん。

 

ちなみに、僕も今回の特集で知ったが、猫は全国で年間8万匹も殺処分されているそうだ。なんとも世知辛い話である。こういった環境を少しでも改善しようと、「ネコリパブリック」の代表である河瀬さんらは、日々奔走しているのである。素晴らしいっす。

 

「ネコリパブリック」の様子

 大阪の心斎橋「ネコリパブリック」は、全て保護猫たちの為のお店である。このビルまるごと猫たちの為のお店なのである。

 

●1階は、猫カフェバー SOMETHIN’ NEW YORK
1階は、飲食なども楽しめるフロア

 

●2階は、猫雑貨の蚤の市 ネコ市ネコ座
2階は、いろんなグッズが売られている。なかには、ここでしか買えない物もあるらしく、興味がわく。

 

●3階は、保護猫カフェ ネコリパブリック

f:id:ameshin:20160526214757j:plain

きゃわいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!
はっ、すいません・・・・・25歳のおっさんのくせに、ついテンション上がってしまいました。

 

3階は、保護猫カフェという事で、一般的な「猫カフェ」とほとんどサービスは同じである。平日なら、10分で250円。土日祝なら、10分で290円。どちらも1ドリンクつきの値段となっている。10分単位なら、ちょこっと寄るだけでも良いし、ちょうど良いかもしれない。

 

●4階は、保護猫とお昼寝できるプライベートスペース CAT & BED & BOOK

f:id:ameshin:20160526214903j:plain

f:id:ameshin:20160526214837j:plain

きゃわいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!
はっ、すいません・・・・・僕のくせに、ついテンション上がってしまいました。


ここは、猫たちとお昼寝ができるというナイスなサービスがあるのである。平日なら、30分で、1100円。土日祝なら1500円。さすが猫好きの需要を分かってらっしゃる。猫と寝るのが、最高なのである。猫の可愛いケツをもふもふしながら、寝るのが癒されるのである。

 

●5階は、保護猫がうろつくネコワーキングスペース
ここは、作業場になる予定との事。

 

まとめ

 めっちゃ行きたい!

というか、猫好きの僕からしたら、こういった猫を保護する為に、奔走している方々を見ると、本当に尊敬する。年間8万匹も殺処分されてるとか知らなかったし、こういった状況が少しでも改善すればなぁと思う。

 

僕も、めっちゃ猫を飼いたいんですけど、一人暮らしじゃないですか。今後の事を考えると、なかなか無責任な事はできないし、飼うのはためらっちゃうんですよね。そういう人にこそ、猫カフェってニーズがあると思うし、今後も普及していけばなぁと思っている。というか、猫たまらん。うん。猫のケツをもみまくりたい。最高。

 

おそらく、近々「ネコリパブリック」へ足を運ぶと思うので、またその時にでも感想まとめたいと思います。終わり。

広告を非表示にする