ゆとり、会社やめるってよ

アメシン。一部上場企業を退職した20代ゆとり。仕事関係、お笑い、書評、スポーツ情報など、綴ります。

スプラトゥーン攻略!ウデマエ「S+」になる為の立ち回り指南・コツ【その②ガチエリア編】

前回に引き続き、スプラトゥーンの記事になります。

 

スプラトゥーン攻略!ウデマエ「S+」になる為の立ち回り指南【その①基礎編】 - ゆとり、会社やめるってよ


今回は、変態のくせにウデマエ「S+」になって浮かれている僕が、「ガチエリア」についての立ち回りについて、指南させて頂きます。これを読む事で、根拠はないが、進研ゼミの漫画ばりに、勉強も部活も恋愛もうまくいく事になるだろう。

 

ガチエリア

 個人的に、3つのバトルの中で、1番ムラがなく、実力通りの勝負が出来ると思っている。例えば、ガチホコなどは、一瞬の隙が命取りになる場合が多い。スタート直後に、残り10ぐらいまで攻められてしまうと、その後は挽回するのが非常に厳しい。

f:id:ameshin:20160518203904j:plain

そういう時は、あしたのジョーの力石徹ばりに、終わった…と落胆する事になるのだが、ガチエリアでは、そういった一瞬のミスを犯しても、挽回できるチャンスがあるので、諦めなくて済むのである。

 

スタート直後は、とにかくバラけるべし

f:id:ameshin:20160518203140j:plain

これ重要!スタート直後は、4人がそれぞれ別のルートで、エリアまで向かうようにする。ルートを分散させる事で、狙い撃ちされるリスクが減るし、1人倒されて数的不利になった状況でも、すぐに味方が違う位置からフォローできる態勢ができる!

 

後は、あらかじめルートを確保していたら、キルされた後、自分がどこから攻めているかバレにくいというメリットもある。以前の記事にも書いたが、上級者は、ゲームパッドのエリアマップで常に戦況を把握している。インクの進み具合などで、敵がどの辺にいるのか、判断しているプレイヤーもいるので、そのリスクを減らす為にも、出来るだけ全てのルートで、インクを塗っておく事をオススメする。

 

とにかく死なない事

 まずは出来るだけ死なない事!これが最優先。味方がバンバン倒されても、自分が生き残って、なんとかカウントをストップ出来ていれば、十分逆転のチャンスが残されている。

 

基本的に、ガチエリアで「1vs4」の状況になったら、まず1人で状況を打開するのは不可能だ。単独で動いたところで、フルボッコされて発狂する事間違いなしである。熱くなって、敵を倒したくなるは分かるが、冷静になろう。まあこうやって、偉そうに講釈たれてる僕も、「ニート!行っきまーーす!!!」とアムロレイばりに突撃する事も度々ある。だいたい瞬殺である。社会的にも死んでいる僕が、ゲームでも無様に殺されるのである。ろくな事がないのである。


数的不利の状況になったら、味方の態勢が整うまで、エリアまでのルートを確保してあげたり、フォローに徹する事が必要だ。

 

スーパージャンプは控えるべし

 スーパージャンプは極力控えよう!ガチマッチの中で、「ガチエリア」だけは、スーパージャンプは推奨できない。単純に隙が大きすぎるからである。敵にチャージャー使いがいたら、速攻で「バッシャーン」と無様に散っていく事になる。上述したように、ガチエリアは多少リードされても、挽回できるチャンスがいくらでもある。リスクを冒して、飛んでいくより、イカダッシュした方が無難である。

 

①安全が確保されている時
②味方のチャージャー使いが潜んでる場所

 

ただ、例外として、上記2パターンの時は、スーパージャンプしてもOKだと思う。①は単純に、相手が全滅してる時や、ほとんどのエリアを味方が確保している時など。②は、チャージャー使いは敵からの攻撃を受けない位置で、構えてるのが基本。だから、そこにはスーパージャンプしても、狙い撃ちされない事が多い。

 

スペシャルウェポンは味方との連携で使うべし

 スペシャルウェポンは、味方と同時に使う方が威力は増すと思っている。よく考えて欲しいのが、味方がいない時に「トルネード」などを発射しても、あまり効果がない。すぐに塗りつぶされて終わりである。そうなったら、スペシャルゲージの無駄遣いになってしまう。


味方が「ダイオウイカ」や「メガホンレーザー」などを使用した際に、自分も「トルネード」を使えば、敵はどちらにも注意を向けなければならなくなり、隙が生まれやすくなる。そこで、一気にエリアの確保、敵の殲滅が出来れば、こっちのもんである。後は、メジャーリーグの乱闘ぐらい、アホみたいに暴れてやろう。勝利は近づいてくる。

 

という訳で、出来るだけ、スペシャルウェポンは連携して使う事。ただし、「スーパーセンサー」と「ダイオウイカ」、「スーパーショット」など、単独で使っても効果は抜群なものもあるので、そこは臨機応変に対応する事が必要である。

 

敵の裏をかくべし

 やはり敵は倒してなんぼだ!その為には、敵の裏をかく必要がある。「うわっ、こんな所におったんかい!泣」と敵に思わせるような場所で、待ち伏せしておく事をオススメする。もちろん優先順位は、①エリア②敵を倒す、という事を忘れてはいけない。でも余裕があれば、敵地で身を潜めているのも、戦法としてはありだ。

 

エリアマップは把握する

 これも常識のレベル!ガチマッチの内容によって、ステージが若干変わっていたりする。例えば、ショッツル鉱山だと、この丸をつけた場所が、バトルによって変化している。

 

f:id:ameshin:20160518203414j:plain

f:id:ameshin:20160518203431j:plain

 

「ガチエリア」だと、この画像の通り。だが、「ガチホコ」、「ガチヤグラ」だと、ここが立てるようになっている。こういった箇所を事前に抑えておこう。

ステージの全容を把握しておいて、戦いに挑む事が大事。敵地に突っ込んだり、敵の攻撃を回避したり、その変わっている箇所の利点を活かす事が、勝利に繋がる鍵となる。

 

ダイナモローラー使いへのフォロー

 もし味方にダイナモローラー使いがいれば、フォローしてあげよう!あれは、ガリエリアでは、めちゃくちゃな威力を発揮する。もし近くにダイナモローラー使いがいれば、なるべく敵を近づけさせないようにしてあげる事。あのバッシャーンの一振りで、三分の一ぐらいは塗れるので、もうエリアを塗るのは任せても良いぐらい。自分がダイナモローラーを使用する場合は、倒されないように努力しよう。


逆に、敵にダイナモローラー使いがいれば、ウザイのでそいつを優先して倒す事。個人的に、チャージャーとダイナモローラーは、優先して倒しに行くべきだと思っている。単純に、めちゃくちゃウザいからね。頑張って、やっつけよう。

 

味方への感謝の気持ちを忘れない

 ここはテストに出るから覚えて欲しい。
味方への感謝は必須である。味方がファインプレイをした時、自分達が逆転リード出来た時、隙あらば、僕は必ず「ナイス」を押すようにしている。

 

f:id:ameshin:20160518204102j:plain


カイジばりの圧倒的感謝・・・っの気持ちを忘れない事。やっぱり、スプラトゥーンの醍醐味は、チームプレイである。誰でも、ナイスと言われたら、「ふふっ」と満更でもない気持ちになるハズだ。少なくとも僕は浮かれまくるタイプである。少年野球以来の、「ナイス」を一身に浴びたいのである。やる気に繋がるし、ナイスと呼びかける事で、チームの一体感が深まる事間違いなしである。皆さんも、隙あらば、ぜひ「ナイス」と呼びかけていこう。

 

まとめ

 とりあえず圧倒的感謝の気持ちが大事。うん。
これ覚えといたら、いずれ「S+」にいけるハズ。というか。ぶっちゃけ味方の実力に左右されるからね。一人めちゃくちゃ強い人がいれば、案外なんとかなっちゃうし。運もいるけど、この上記の立ち回りは、基本的な事でもあるので、抑えておくと良いかと思います。終わり。

広告を非表示にする