ゆとり、会社やめるってよ

アメシン。一部上場企業を退職した20代ゆとり。仕事関係、お笑い、書評、スポーツ情報など、綴ります。

【GW】なんばの「ねこ休み展」に行ってきたので、感想まとめ

こんばんは、どうも僕です。

プロフィール画像を見ての通り、僕は死ぬほど猫が好きである。ぶっちゃけ女性よりも猫が好きで、猫と結婚したいぐらいの勢いで、猫の可愛さにメロメロである。「猫の肉球で顔面をフルボッコにされて死ぬのが本望」というぐらい猫を愛してやまない変態な僕だが、なんばで「ねこ休み展」なるものが開催されているという事で、行ってきた。そういう訳で、猫好きの方の為にも簡単に感想を綴りたいと思う。 

 

ねこ休み展とは?

f:id:ameshin:20160507011132j:plain

「ねこ休み展」は、プロ・アマ問わず人気の猫クリエイターが集結する合同写真&物販展です。Twitterinstagramで人気を集める有名猫も数多く登場し、SNSフォロワー数は累計100万人超え。見ているだけでほっこりとする作品に、持って帰るだけで癒されるハンドメイドグッズ満載のイベントです。
当社が主催するギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」では、2015年夏の第1回で5,000人、2016年1月の第2回には11,000人以上を動員。出展者はネットを中心に活躍するクリエイターが多く、生で作品を見られる貴重な機会としても話題を呼びました。(引用)

 

とまあ、公式サイトを見ての通り、可愛い猫の写真をいっぱい見る事の出来る、猫好きにとってはパラダイスみたいなものである。今までは、浅草橋の方でしか開催されていなかった当イベントだが、好評につき、今回のGW期間は「札幌・千葉・大阪」でも行われる事になった模様。

 

なんばの「ねこ休み展」の詳細

会期:4月29日(金)~5月8日(日)
会場:大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 7階パークスホール
時間:11時~19時(閉場)
入場:500円 小学生以下は無料

 

地下鉄のなんば駅下車後、南出口に向かうと、「なんばパークス」が見えてくる。「ねこ休み展」は、その7階の一画を借りて、開催されている。GW中なので、混雑していると思うが、駅から15分~20分程度あれば到着するハズ。

 

感想

一言でいうと、きゃわいいいいいいいいいぃぃいいいいいいい!!!!!である。

25歳のおっさんが、興奮のあまり、ピチピチのJKばりに、「きゃわいぃぃいい!」を連呼してしまうぐらい、可愛らしい猫の写真がたくさん展示されていた。

 

f:id:ameshin:20160507011344j:plain

このように、広さは教室2つ分ぐらいだろうか。思ったよりは、狭かった印象。20~30分あれば、一通り、見て回れると思う。

 

Twitterinstagramで人気を博して、その余りの可愛さから、書籍化もされているような、有名猫ちゃん達の写真が、360度、所狭しと飾られているのである。猫好きにとっては、もうたまらん世界。

 

f:id:ameshin:20160507011416j:plain

f:id:ameshin:20160507011431j:plain

f:id:ameshin:20160507011449j:plain

 

きゃあぁあああああ!!!!!きゃわいいぃいいいいいいい!!!!!!!!なごむちゃんんんんんんん!!!!!!!!!!!

 

・・・・・おっと、落ち着くんだ俺。
とりあえず、このトイレの手洗いの水を飲めなくて、かけ流す「なごむ」の可愛さったら反則である。この「なごむ」は書籍化デビューされているぐらいの有名猫なので、ご存知の方も多いかと思う。もうこの書籍は、全国の小学校の課題図書にして、「なごむ」の可愛さについて、原稿用紙30枚ぐらい書かせるべきである。それぐらいハンパない可愛さである。地下アイドルを応援する熱狂的なファンのように、僕はついつい、この可愛い猫達に見惚れてしまった。

 

写真以外にも、グッズ関係も豊富だった。
カバンであったり、バッジであったり、iphoneケースであったり、アイマスクであったり、ポストカードであったり、色々な種類があった。「へぇ~こんなものあるんだぁ」という猫関連グッズが多くて、単純に見るだけでも参考になったかな。

 

f:id:ameshin:20160507011551j:plain

あとは、「ネコみくじ」となるものが1回100円で出来たので、興味本位でやってみた。まさかの「大吉」である。ここ数年、年始のおみくじで「吉」「末吉」とか、なんの笑いにも繋がらない、絶妙にしょうもない結果に終わっていたのに、ここに来て「大吉」である。この引きを年始になぜ発揮できないのか….。とまあ軽くショックを受けたが、ネコみくじが可愛かったので、全てOKである。

 

まとめ

やっぱり猫は最高。
一刻も早く生まれ変わって、「猫好きである北川景子にペットとして飼われる事」が夢のヤバい僕でも充分に満喫できた。ただ、正直なところ、規模はそこまで大きくないので、この「ねこ休み展」をメインになんばに来るのではなくて、GW中なんばを訪れる予定があれば、ついでに立ち寄るぐらいの感覚でいた方が、変に拍子抜けせず楽しめるかと思う。個人的には、猫好きには是非訪れて欲しいけど。

 

開催期間が5月8日(日)までと残り短いので、あまりスケジュールを調整する猶予はないかもしれないが、とりあえず、なんばに立ち寄る際は、オススメです。

 

もし、メインでこの「ねこ休み展」を観にいきたい!でも、その後、どうすれば良いか分からん!という方は、なんばにある猫カフェに行くのはどうでしょうか?

 

なんばには、割と猫カフェが多く点在するんですが、「ラグドール」や「ぐるぐる堂」などは口コミ評価も高く、近場なので、訪れるのも一つの手。

 

matatabicoffee.catfood.jp

 

猫カフェぐるぐる堂>

catcafe gurugurudou

 

このプランはカップルでこそ発揮される。「ねこ休み展」で可愛い猫の写真にメロメロになった後は、猫カフェで実際の猫ちゃん達と戯れて、その後は….という我ながら完璧なデートプランである。もしこれを読んで頂いている男性がいれば、このデートプランを実行して頂きたい。僕は責任を一切取らないが、健闘を祈る。

 

まとめ2<ねこ休み展は、こんな人にはオススメ>

・猫好き
・猫を飼っている
・癒しを求めている
・つい最近恋人と別れた
・どちらかと言えば猫っ毛
・愛されるよりも愛したい
・愛しさと切なさと心強さをいつも感じている

 

このカテゴリーにいる人達には、「ねこ休み展」には是非行って欲しいと思っている。その魅力を満喫する事が出来るだろう。

 

色々と書いてきたが、猫好きの一人として、この催しが興行的にも成功する事を祈っている。長文駄文で失礼しました。終わり。

広告を非表示にする