ゆとり、会社やめるってよ

アメシン。一部上場企業を退職した20代ゆとり。仕事関係、お笑い、書評、スポーツ情報など、綴ります。

災害が発生すると、なぜ不謹慎なツイートをする輩がいるのか?

f:id:ameshin:20160416193026j:plain

14日、突如、最大震度7地震が熊本を襲った。
東日本大震災のような激しい揺れが起こり、家屋が倒壊するなど、予期せぬ自然の脅威に、混乱に陥った。16日にも、再び大きい地震が起こっており、今もなお予断を許さない状況が続いている。

<熊本地震>異例の続発 九州の内陸部地震では過去100年で最大規模 被害甚大 (西日本新聞) - Yahoo!ニュース

熊本地震は16日が最大だった 今後のために知っておくべき「前震・本震・余震」 (BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース

阿蘇神社、楼門も拝殿も倒壊 神職「パニック状態」 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

実は、僕の従兄弟が、熊本に住んでいるので、非常に心配だった。震源地に近かった事もあり、家の中はめちゃくちゃになったそうだが、皆無事だったとの事で、安堵した。ただ、彼女の親戚も熊本に住んでいるのだが、こちらは避難生活を余儀なくされているようだ。彼女の親戚も、怪我はなく無事だったとの事で、ホッとしたが、避難所ではやはり不安に襲われている状態とのこと。

 

僕も彼女も、熊本には所縁があるので、今回の地震はショックだった。何度も観光に訪れた事があるし、まさか九州でこのような大規模な地震が起こるとは夢にも思わなかった。崖崩れが起きたり、阿蘇神社が倒壊、熊本城の石垣が崩落するなど、想像以上の被害が発生しているようだ。

 

現在の被害状況と、津波の心配

現時点で、確認されているだけで、死者は34名。
これ以上の犠牲者が出ないよう、一刻も早い救助が望まれる。東日本大震災と比較すると、津波が発生しなかった事だけは、不幸中の幸いだった。東日本大震災では多くの犠牲者が出たが、そのほとんどが津波によるものだった。

溺死:90.64%(14,308体)
圧死・損傷死・その他:4.23%(667体)
焼死:0.92%(145体)
(wikipediaより引用)

圧死や損傷死も、津波による瓦礫が原因との事で、いかに津波が脅威的なものかが分かる。今回、津波が発生しなかったとはいえ、九州の内陸部地震では過去100年で最大規模との事で、危険な状態である事に変わりはない。

 

なぜ災害が発生すると、不謹慎なツイートをする輩がいるのか?

東日本大震災でもそうだが、このような窮地にも関わらず、不謹慎なツイートをする輩は存在する。確かに、過敏になりすぎている風潮はあるかもしれないが、デマを拡散させたり、思慮の足りない発言をしたりと、不謹慎なツイートをする人は、少なからずいるのだ。

 

ジェフユナイテッド千葉の比嘉選手

f:id:ameshin:20160416193813j:plain

twitter.com


民進党の公式アカウント

f:id:ameshin:20160416194434p:plain

f:id:ameshin:20160416194453p:plain

 

他にも、「イオンモール熊本で火災発生(実際は花火大会時のもの)」、「動物園のライオンが逃げる」など、根も葉もない悪質な画像が出回った。イオンモールの件に関しては、真偽が不確かなまま、フジテレビが報道してしまい、混乱を助長させる形となってしまった。

 

f:id:ameshin:20160416195101j:plain

f:id:ameshin:20160416194821j:plain

 

僕も親戚が被災している事もあり、適当なデマを流したり、不謹慎な発言をする人が許せない。こういった混乱に乗じて、悪意のあるデマを流す人は、よっぽどの暇人なのだろうか。おそらく、自分が災害の蚊帳の外にいる事で、危機的意識もなく、安易な気持ちで、流しているのだろう。


今回、比嘉選手の発言が叩かれる事になったが、有名人だからこそ、発言には注意する必要がある。仮に、元気な姿を見せる事を目的に発信していれば別だが、今回はおそらくそうではないだろう。「バカッター」と揶揄される事も多いTwitterだが、状況を踏まえた上で、常識をわきまえた発言をしないといけない。

 

こういったTwitterでの問題は、危機的意識の低さが原因だ。何が悪くて、何が良いのか、その基準を理解していない人が、こういった不用意な発言をしてしまう。今回のような大規模な災害では、自分が被災者だったら、という気持ちを忘れてはいけない。それを考慮した上で、発言する必要がある。

 

東日本大震災でもそうだったが、情報は何より大切だ。こういった災害が発生した際は、テレビやSNSを通じて、家族の安否、地震の状況などの情報を入手するしかない。安全圏にいる僕は、情報の真偽を正常な思考で確かめる事ができるが、パニックの中にいる被災者にとっては、そういった偽の情報を鵜呑みにしてしまう可能性もある。だからこそ、こういったツイート・発言をする人の神経が分からないのだ。

 

まとめ

とにかく、これ以上の被害が発生しない事を願う。避難されている方も大変だとは思うが、本当に頑張って欲しい。あえて明日からは、地震の事は触れず、今まで通りのブログを書いていくが、心配でならないし、皆さんの安全を祈っている。以上。

 

広告を非表示にする