ゆとり、会社やめるってよ

アメシン。一部上場企業を退職した20代ゆとり。仕事関係、お笑い、書評、スポーツ情報など、綴ります。

1番無難な異性へのプレゼントは何か?問題【恋愛】

こんばんわ、どうも僕です。

今回の記事は恋愛コラムという形で、皆さんに役立つ情報を提供したいと思う。
このコラムを公開する事によって、女性からは「何様やねん」とツッコミを受けまくり、男性からは汚物を投げられ、「抱かれたくない芸人ランキングの46位ぐらい」に僕は選ばれる可能性がある。芸人でもないのに、だ。

 

しかし、僕は言いたいのである。そこら辺の意識高い系の学生よりも、役立つ情報を提供したいのである。という訳で、今回のテーマはこちら。

 

1番無難な異性へのプレゼントは何か?

誕生日やクリスマス、異性にプレゼントを贈る機会があると思うが、一番無難なプレゼントは何か、非常に悩ましい問題であると思う。

 

特に困るのは、「友達以上恋人未満」の異性に贈る場合である。数万円もするアクセサリーなどは重すぎるし、かと言って、安すぎるプレゼントを贈ると失礼な気がするしで、プレゼント選びは簡単そうで実は難しい。

 

だが、僕は気づいたのである。
これを閃いた時、僕は自分のあまりの聡明さに鳥肌を覚え、20年ぶりにう〇こを漏らしそうになった。25歳にも関わらず、だ。

頭の悪い僕がフル回転させて考えた、その無難なアイテムとは、 「生まれ年のワイン」である。今、鼻で笑った方が数人いると思うが、聞いて頂きたい。

 

ワインを選ぶメリット

まず、「ワイン」はオシャレである。
大人が嗜むものとして、高級感があるものとして、認識されている。「ただの酒好き」と、「ワイン愛好家」では、大きな差があるのを、ご理解して頂けるだろうか。

 

それに加えて、「生まれ年」。
このさり気ないオシャレ感、気遣いである。これによって、「希少価値」が高まり、プレゼントとしての相乗効果が生まれるのである。

f:id:ameshin:20160412210230p:plain

これは、実際に僕が贈ったワインである。
とある女性の先輩が誕生日という事もあり、プレゼントで「生まれ年のワイン」を渡したのだ。僕のくせに、だ。「歩く公害」、「かろうじて哺乳類」と呼ばれる僕のくせに、だ。

この時の僕は、ワインだけに自分に酔いまくり、俺って素敵やん?、と島田紳助ばりに自分を褒めちぎった。自分に泥酔していた。自己満足がハンパではなかった。

 

とりあえず、お酒が飲める20代の男女であれば、結構な確率で喜んで頂けると思うのだ。(値段も安ければ1万円以下で買えます)

 

この「1番無難なプレゼントは生まれ年のワイン説」は、30代以上の男女で成立するかは、保証できない。年齢に敏感になる世代の方に、生まれ年のワインを贈るのは、非常に危険だ。嫌味と思われるリスクが高い。


したがって、保証できるのは20代限定という事になるが、どうしても、恋人や異性の友達のプレゼントが選べないという方は、参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

※ちなみにですが、 「シエル・エ・ヴァン」 という通販サイトで、簡単に購入出来ます。検索画面で「生まれ年 ワイン」で検索すれば、すぐに出てきます。


という訳で、コラムっぽく書いてみたんですが、完全に自己責任でお願いします。「ワインてwwプレゼントにワインてwww」とか言われてショックを受けた等の、クレームには対応致しかねます。

 

まとめ

女性へのプレゼントって難しいよね。気持ちが大事とはいえ、やっぱりそれなりの物を贈ってあげたい。だって男の子だもん。もしプレゼント選びに悩んでいる方がいれば、「生まれ年のワイン」をご検討してみてはどうでしょうか?

広告を非表示にする