ゆとり、会社やめるってよ

アメシン。一部上場企業を退職した20代ゆとり。仕事関係、お笑い、書評、スポーツ情報など、綴ります。

【R-1】明日の準決勝(大阪)に出場する芸人さんをまとめてみた【2016年】

f:id:ameshin:20160224221901p:plain

R-1ぐらんぷり準決勝の詳細】
日時:2月25日(木) 開演:19:00
会場:なんばグランド花月
MC:テンダラー

明日、なんばグランド花月R-1ぐらんぷり準決勝」が開催される。お笑いが大好きで、暇を弄んでいるゆとりの僕は、当然観戦しに行く予定である。
一応、観戦した感想などは、出来れば明日中に、更新しようと思っているんですが、その前に、出場される芸人の方を簡単に紹介しようと思う。

公式サイトの通り、上記13名が準決勝に残っている。上から順番に紹介させて頂きます。

ZAZY よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪

f:id:ameshin:20160224221730j:plain

長い金髪と、奇抜なファッションセンスで、見た目のインパクトが強いZAZYさん。大阪NSC33期生(同期は、コロコロチキチキペッパーズなど)
オールザッツ漫才や、ぐるナイおもしろ荘などの影響もあり、徐々に認知度が上がっている、注目の芸人。ネタはフリップ芸で、シュールな世界観がウリ。審査員がどう判断するのか、気になるポイントだ。

かみじょうたけし 松竹芸能 大阪

f:id:ameshin:20160224221740j:plain

板東英二などのモノマネが得意な芸人さん。レッドカーペットなどのネタ見せ番組が流行していた頃、よく出られていたように思う。かみじょうさんは、大の高校野球好きで知られており、アメトーークの「高校野球大大大好き芸人」に出演した事で、2日間でツィッターのフォロワーが1,000人増えるなど、すっかり「高校野球好き」のイメージが定着している。野球に関する細かいネタをしたら、おそらく右に出るものはいないだろう。
準決勝に残った13名のうち、ほとんどがよしもと所属の芸人だが、そこがどう影響するか。昔から、賞レースには、よしもと以外に所属している芸人は不利なように思えるが、会場を味方にする事が出来れば、面白い結果になるかもしれない。

粗品(霜降り明星) よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪

f:id:ameshin:20160224221736j:plain

もともとはピン芸人だったが、現在は霜降り明星を結成して活躍中。高速のフリップ芸が得意で、2012年のオールザッツ漫才「FootCutバトル」コーナーでは、数多くの芸人を抑え、最年少記録で優勝している。(ZAZYさんと同じく、NSC33期生)
久々のピン芸人として、どういったネタをされるのか要注目である。

ゆりやんレトリィバァ よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪

f:id:ameshin:20160224221737j:plain

準決勝(関西)唯一の女性芸人。大阪NSC35期生として入学して主席で卒業するなど、当初からその実力が高く評価されていた芸人さんである。
2015年のR-1ぐらんぷりでは、決勝に進出。まだ知名度的には、それほどだったにも関わらず、得意の英語を武器にしたネタで、3位になるなど、実力を証明してみせる。今回の予選では、「テンパった時の対処法」というネタで勝負しているが、持ち前のキャラを活かしたネタで、個人的には決勝に残る可能性がかなり高いと思う。

ラフ次元・梅村 よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪

f:id:ameshin:20160224221753j:plain

ラフ次元は、梅村さんと空さんによるお笑いコンビである。父親が社長で、実家がお金持ちだったという梅村さんが、ピンで出場。帰国子女という事もあり、ネタも英語を多用している。深夜で放送されている漫才維新などでネタは拝見した事があるが、ピンでどのようなネタをするのか気になるところ。

ナオユキ 松竹芸能 大阪

f:id:ameshin:20160224221754j:plain

R-1ぐらんぷり2009、2010年の準決勝進出、サバイバルステージ出場者に選ばれた経験がある。ネタはぼやき漫談だが、師匠が笑福亭鶴光という事もあり、安定した面白さがある。芸歴の長いベテランでもあり、R-1出場経験もあるナオユキさんだが、爆発力が求められるR-1のような賞レースには、不向きではないか。そういった懸念材料を払拭できるかがポイントになるか。

中山女子短期大学 よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪

f:id:ameshin:20160224221755p:plain

NSC28期生(ラフ次元と同期)。2014年の「R-1ぐらんぷり」では、シューベルトの魔王ネタを披露。そのインパクトから、今も覚えている人が多いのではないだろうか。独特のネタが多くて、型にハマれば強い印象の芸人さん。よくも悪くもブレないスタイル。最近のネタ見せ番組では、「同級生」ネタなどを披露しているが、準決勝ではどんなネタをするのか。ちなみに、土肥ポン太さんの「ポン太青果」でバイトされている。

シャンプーハットこいで よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪

f:id:ameshin:20160224221745j:plain

これは説明不要だと思う。シャンプーハットのこいちゃんが出場。今回、関西の準決勝に出場される13名のうち、1番知名度があると思う。変態的なネタで攻めるのか、明日は要チェックである。

矢野号 よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪

f:id:ameshin:20160224221747j:plain

矢野号さんもNSC28期生。もともとはコンビで活躍されていたが、解散し、ピン芸人として活躍するようになる。「メトロノームコント」などで有名。特殊な人物、特殊な状況に置かれた人物を一人芝居で演じるなどの、コントが多い。現在は、よしもと漫才劇場で活躍されている。

おいでやす小田 よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪

f:id:ameshin:20160224221748p:plain

ピン芸人NSC大阪校 23期(同期は友近など)。最近、オールザッツ漫才やよしもと漫才劇場では、「大阪の居酒屋」ネタを披露しているが、これは尻上がりに面白くなっていくネタで、もしこのネタで勝負するのであれば、3分間をどう上手く使うのか、気になるところ。

藤崎マーケット田崎 よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪

f:id:ameshin:20160224221750j:plain

こちらも説明は不要だろう。「ラララライ体操」で一躍有名になった、藤崎マーケットさん。ラララライ体操のブームが去ってからは、細かいものまねシリーズで注目を浴び、オールザッツ漫才でも優勝を果たすなど、順調に活躍の幅を広げていた。
一発屋のレッテルを貼られ、苦労する事が多かったと思うが、最近ではキングオブコントの決勝にも出場するなど、実力が本物である事を証明している。ちなみに、大阪NSC26期生で、同期には、「かまいたち」や「天竺鼠」、「和牛」など、テレビでよく見る実力派の芸人が揃っている。

藤崎マーケットトキ よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪

まさかのコンビ両名とも残るかたちに。コンビの紹介は割愛するが、色々なインタビューや動画を見ても、トキさんの方が、「見返してやりたい」という欲が強いイメージだ。「祇園笑者」という芸人同士の対談番組でも、そういった旨の愚痴をこぼしていたが、それだけお笑いに懸ける気持ちが強いという事。田崎さん、トキさん共に、ピン芸人としてどんなネタをするのか、非常に楽しみである。

ヒューマン中村 よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪

f:id:ameshin:20160224221751j:plain

NSC25期生(同期はジャルジャル銀シャリなど)。R-1決勝に5年連続で出場している。決勝には進出するも、あと1歩のところで優勝できない「M-1グランプリ」の笑い飯のような状況になっている。フリップネタで、毎回安定して観ていられる芸人さん。「しょぼくしていこう」や「こと war the 辞典」、「しりとりで言い返そう」など、独特の発想で作るネタは、引き込まれるものがある。ただ、三浦マイルドに負けた2013年が、本来は優勝すべき瞬間だったように思う。会場の空気にもよるが、個人的には昔から応援していた芸人さんなので、頑張って欲しい。

まとめ

めっちゃ簡単に紹介させて頂いたが、以上の方々が明日の関西準決勝に出場される。芸人でもないお笑い評論家でもない、「ゆとり世代のカリスマ」である僕が偉そうに語ってしまって申し訳ない気持ちでいっぱいである。
準決勝という事もあって、ほぼ皆さん安定して面白いネタを見せてくれると思うので、今からめちゃくちゃ楽しみだ。
ちなみに、決勝は3月6日(日)。おそらく僕みたいなお笑い好きな方は、予選の感想とか気になるかと思うので、明日は、ライブ終了後に、簡単に感想などまとめるようにしたいと思います!

では、以上しゃべり場はここまで!

広告を非表示にする